女性の嬉しいがいっぱい詰まったモニターサイト!
気になっていたあのコスメやサプリメント、雑貨が当選! ポイントも貯められるサービスです。
ブログやInstagram、TwitterなどSNSのアカウントがあれば誰でも参加できます!
さぁ、今すぐ無料会員登録!

PROMO STAFF

PROMO STAFF

「寒い時期は痩せやすい」理由を知って絶対痩せよう

寒い季節になりました。毎年この季節になると体重が増えて困るという方は多いと思います。私もそのうちの1人です。 冬になると、身体はどんどん皮下脂肪を溜め込むように思えてならないのですが、本当にそうなのでしょうか。
実は数年前、1月にかなりの減量に成功したことがあるのです。その経験と、今から伝える事実を合わせると、なるほど!と納得できると思います。
この冬は気合が入っています。痩せたいあなたも一緒に、この冬きれいに痩せませんか?

「寒い時期に痩せやすい」は本当?

寒い時期に痩せやすいというのは、本当なのです。その理由を説明します。
私たち人間は恒温動物なので、気温が下がると体温を一定に保つためにエネルギーを使って熱を作ります。つまり代謝がアップします。代謝が増えると脂肪が燃焼して痩せるという理屈はご存知ですね。

「でも寒くなると身体は脂肪を蓄えようとするのでは?」と思う人がいると思います。確かに極寒地域に住むシロクマやアザラシを見ると、脂肪で身体を寒さから守っているとわかります。
しかしもう一つ、考えなくてはならないことがあります。私たちは1日3食、栄養を摂っているし、極寒には住んでいません。身体の中に十分なエネルギー源があれば、脂肪を蓄えなくても良いと身体は判断します。むしろ飢餓状態にある場合に食べると、炭水化物を脂肪に変えて皮下脂肪として蓄える動きをします。これは生命を維持しようとする活動です。

つまり、私たちは極寒に住んでいるわけではなく、防寒対策もできる環境にいて、栄養も十分に摂っているので、脂肪を取りこんで皮下に蓄える必要性がないのです。

じゃあなぜ寒い時期に太るの?

「え?でも実際、毎年冬になると太るけど?それはどういうこと?」という疑問がありますよね。「正月太り」なんて言葉もあります。では寒い時期に太る原因を、次に説明します。

寒いから動かなくなる

それはズバリ「寒がって暖かい家の中でじっとしているから」。動かないとカロリー消費しないですよね。身体を動かして、エネルギーを使いましょう。

血流が悪くなって身体がむくみやすい

寒い上に身体を動かさないことが重なって、手足が冷たくなります。血流が悪くなるために、身体にむくみが生じます。これは太っているのとは少し違いますが、見た目に太って見えてしまいます。

年末年始に何かと食べる機会が増える

年末年始は何かと食べる機会がありますよね。クリスマス、忘年会、お正月、新年会。その前に、秋からの食欲も続いているかもしれません。動かないのにこれだけ食べていたら、そりゃ太ります。

痩せやすくなっている環境を利用しよう

寒くなると代謝がアップするのは事実です。それならその状況を利用して、効率よく痩せることは可能です。気候の良い時よりも、楽に脂肪を燃焼させることができるのですから。具体的な方法を説明します。

寒い時は身体を動かす

寒いからといって、暖かい部屋でじっとしないことです。寒い時は身体を動かして温まりましょう。特に冬休み・お正月休みは暇になりますよね。そんな時にはいつも電車や車で移動しているところを徒歩に変える事で、時間潰しにもなります。

これは数年前に、私が実践した事です。家から最寄り駅まで、歩いて40分かかるのです。いつもは車で行くのですが、徒歩にしました。新年会や親戚の集まりなど、幾度も家から駅までを徒歩で往復しました。車を使わないので、アルコールを飲むこともできて良かったです。長時間歩けるようにウォーキング用の靴を履き、目的地に着いたら靴を履き替えていました。

これをすることで、年末年始に普段より食べていたにもかかわらず、かなり痩せた上に身体も引き締まりました。身体が軽く、体調もとても良かったです。普段は忙しくてできない事ですが、お正月休みに何もすることがなく暇な時間を過ごす場合には、とてもおすすめの方法です。

目的意識と強い意志を持つ

もう一つは目的意識と強い意志を持つことです。目的意識は人それぞれですが、私の場合は「この冬休みは太らない・健康でいる」目的意識を持っていました。その目的意識に支えられて、「食べすぎない」「飲みすぎない」お正月休みを過ごせました。目的意識を持っていると、自然と意志を強く持てます。ただ「食べすぎないようにしよう」と思っているだけよりも、「体重の維持ではなく減量」というはっきりとした目的意識を持つと上手くいきやすいです。