女性の嬉しいがいっぱい詰まったモニターサイト!
気になっていたあのコスメやサプリメント、雑貨が当選! ポイントも貯められるサービスです。
ブログやInstagram、TwitterなどSNSのアカウントがあれば誰でも参加できます!
さぁ、今すぐ無料会員登録!

まっつん

まっつん

もはやミルク=牛乳は古い!オーツミルク・アーモンドミルク・豆乳の違いって?

最近は、スーパーの牛乳コーナーにいろんなミルクが売られていますよね。
豆乳のほか、アーモンドミルクやオーツミルクも登場しています。

ところで、それぞれの違いってわかりますか?
アーモンドミルクは低カロリーで美容に良さそう」
豆乳はイソフラボンだから、女性ホルモンにいいんじゃない?」
オーツミルクは…最近CMでよく見る」

そのくらいしかわからなかった私。

私はカフェオレが好きなのですが、最近牛乳のカロリーが気になってきたので「コーヒーに合うミルクって何があるのかな~」と調べてみました。

今回は、今注目集めている植物性ミルクについてのお話です。

植物性ミルクの栄養を比較

豆乳とアーモンドミルク、そしてオーツミルクの3つの栄養価を比較してみます。
今回は、砂糖不使用のものを調べてみました。

私個人の見解で、赤字はGOOD、青字はちょっとマイナスポイントとして記載しています。

※参考サイト:https://www.kikkoman.co.jp/products/product/K580500/index.html
https://www.glico.com/jp/product/drink/almondkoka/32765/
https://www.alpro.com/jp/products/drinks/oat-drinks/oat-unsweetened/

美肌を目指すならやはり豆乳

こう見ると、豆乳はカロリー高めですが、高たんぱく低糖質なのでヘルシーですね。
脂質やカリウムが多い点も驚きでした。

イソフラボンが女性ホルモンと似た働きをするので、生理前の不調を整えてくれたり、肌の調子を整えてくれたり、と女性にうれしい働きが。

ただ、無調整豆乳だとちょっと大豆感が強くて味が苦手だな~という人が多いのも事実。

アンチエイジングならアーモンドミルク

豆乳と比べてアーモンドミルクは断トツでカロリーが低く、意外に脂質・糖質も低め。

抗酸化作用(シミなどの肌悩みをできにくくする)があるビタミンEや食物繊維、オレイン酸も入っているので、アンチエイジングならアーモンドミルク。

生活習慣病にも効果的なので、美容も健康も考えたい人にピッタリ!
癖が少ないのでカフェラテやスイーツにも使いやすく、ナッツのフワッとした香りが特徴的です。

低GIで食物繊維豊富なオーツミルク

他の植物性ミルクと比べると、低たんぱくで糖質は少し高め。でもカルシウムがたっぷり入っているので、牛乳の代わりに飲んでも十分。

オーツミルクの原料、『オーツ麦』は不溶性・水溶性食物繊維がバランスよくたっぷり入っている上、発酵性食物繊維「イヌリン」も豊富なので、腸内環境を整えるのには最適です。

また、低GIなので血糖値の急上昇を防いで糖質の吸収を穏やかにしてくれるのもポイント。ダイエットしたい方にはうれしいですね。

それぞれの美味しい飲み方とは

どのミルクもそれぞれ栄養価が高いですが、気になるのが味ですよね。
豆乳は大豆の風味が強くてどうしても…という方がいるように、それぞれを美味しく飲む方法があるんです。

豆乳は黒ゴマや抹茶、チャイと相性GOOD

豆乳はコーヒーとの相性が良いと言われますが、実際、コーヒーに入れても気になる人は気になりますよね。(私もちょっと後味が…)

そんなときは、豆乳ラテに黒ゴマペーストや黒みつをプラス。大豆クサさが一気に軽減します。

他にも、抹茶やチャイなど、もともと癖が強めのものと組み合わせると大豆のクセが気にならなくなるのでおすすめ。

アーモンドミルクはチョコやココアと相性バツグン

アーモンドミルクって、クセがすくなくサラっとしていて飲みやすいと言われますが、ナッツの香りが気になるという人もいるのでは?

私はそのままだと美味しく飲めるんですが、コーヒーに入れたとき、なぜか後味に酸味?が残る気がして苦手なんです。
でも、いろいろ調べてみると、チョコやココアとあわせて飲むとすごく美味しいらしい!

確かに、アーモンドとチョコって定番の組み合わせだし、ココアもチョコと同じカカオなので、納得です。

泡あわラテが好きなら、オーツミルク!

アーモンドミルクは炭水化物が少なく泡立てにくいのに比べて、オーツミルクは適度に炭水化物が入っているので、泡立てやすいんだそう。

そのため、カプチーノや二層ラテ「ダルゴナコーヒー」も作りやすいので、お家でカフェドリンクを楽しみたい、という方におすすめ。

オーツミルクは癖が少なくサラっとしているのに濃厚さもあるので、いろんなカフェドリンクを楽しめますよ。

まだまだお話したいことはありますが、長くなってしまうので今日はここまで。
ぜひ参考にしてみてくださいね!