女性の嬉しいがいっぱい詰まったモニターサイト!
気になっていたあのコスメやサプリメント、雑貨が当選! ポイントも貯められるサービスです。
ブログやInstagram、TwitterなどSNSのアカウントがあれば誰でも参加できます!
さぁ、今すぐ無料会員登録!

ちくまる

ちくまる

惹かれるプレゼント?引かれるプレゼント?

男性からプレゼントをもらって「え?これってちょっと…」と困った経験はありませんか。

相手は善意でプレゼントしてくれているわけだし、
あとから「この前あげたやつ、どうだった?」なんて
感想を求められる可能性もあるので、すぐに捨てるわけにもいかないし。
なんとも扱いが難しいですよね。

でも、あなたも相手が困るプレゼントをあげているかもしれません。
そこで今回は『男性が女性にもらって困ったプレゼント』について、
実際に男性にインタビュー。ざっくばらんに語っていただきました。

【手編みのマフラー】

「学生時代に手編みのマフラーをもらったことがあるのですが、デザインが好みじゃなかったことと、毛がちくちくして、結局あんまり使わなかったですね。」(30代/営業職)

「手編みのマフラーって、簡単にできるものではないじゃないですか。自分のために、かなりの時間を使って作ってくれている。それがちょっと、重いんです。」(20代/販売職)

「彼女からもらうならまだいいのですが、そうじゃないコから「想いを込めて編みました」と言われてもちょっと…ね。念がこもっている感じがして怖い。」(20代/サービス業)

【自分の好みじゃない洋服】

「これ系の服、持ってないよね?新しくない?と言ってプレゼントされたのですが、新しい自分は、自分自身で見つけるから大丈夫と声を大にして言いたい。」(30代/サービス業)

「今まで着たことがないタイプの柄シャツをもらって、そのシャツに合う組み合わせを揃えていたら出費がえらいことに。」(20代/飲食業)

「この体型(太め)にピンクのピチTって、どういうつもりでしょうか。」(30代/広告関係)

【DVD】

「いわゆる感動系というのが昔から苦手で、観てもまず泣けない。それを「絶対に感動するから!絶対に泣くよ!」と言われ。はじめて泣いたと嘘をつきました。」(20代/営業職)

「どんなに興味のない作品だとしても、もらったら感想を言わなくてはいけないでしょう。それが辛い。とうぜん、つまらなかったとは言えない訳ですから。」(20代/サービス業)

「長編映画(3部作)のDVDをもらったのですが、「仕事が忙しくて休むヒマもない」という話をしたはずなんですけどね(苦笑)。」(20代/飲食店勤務)

<少数意見>

【和柄の小物】

「たしかにオシャレだし、かっこいいのだけれど。和柄の小物が似合う部屋って、かなりセンスが問われるというか。置き場所がない。完全に浮いています。」(30代/営業職)

【フラッシュモブ】

「最初こそ笑ってしまいましたが、時間が経つにつれて冷静になると、ただただ恥ずかしい…。早く終わってくれ、と心のなかで叫んでいました。楽しんでいたのは、彼女と、周りにいたまったく関係のないギャラリーだけかもしれません。」(20代/販売職)

【工芸品(置き物)】

「置き物って存在感があるから、部屋の雰囲気がガラっと変わる。なるべく物を置かない、 シンプルな部屋を、というわたしの夢は、一瞬で消えました(涙)」(30代/飲食業)

【アクセサリー】

「彼女じゃない人にアクセサリーをもらうと、ちょっと怖いですね。普通に使っているだけで「やった!すごく気に入ってくれている!」なんて、変に気を持たせるようなこともしたくないですし。」(20代/広告関係)

なかなか辛辣な意見もありましたが、これがリアル。
自分の気持ちを一方的に押し付けるようなプレゼントは、失敗する可能性が高いようですね。

大好きな人、大切な人、これからもずっと繋がっていたい人だからこそ、プレゼントをする際は、相手の気持ちを考えたプレゼントを選びたいものです。