女性の嬉しいがいっぱい詰まったモニターサイト!
気になっていたあのコスメやサプリメント、雑貨が当選! ポイントも貯められるサービスです。
ブログやInstagram、TwitterなどSNSのアカウントがあれば誰でも参加できます!
さぁ、今すぐ無料会員登録!

ちくまる

ちくまる

「ピンチ!彼がくる!」と焦らないように。片付けられる女になろう!

ピンポーン!突然の彼の訪問に
「ちょ、ちょっと待ってね…(チッ、タイミング悪っ)」
と、部屋に散乱している物をいったんクローゼットにドーン!
なんて経験ありませんか。

彼を家に上げてからも、クローゼットの中身がいつ飛び出してくるか。
ハラハラドキドキ。そんな状況では、彼との時間も楽しむことができませんよね。
ならばもう、卒業しましょう。片付けられない女を。

この記事では、だれでも今すぐできる片付け方法をご紹介します。

心を無にして、使っていない物はすべて捨ててしまおう。

捨てる物、捨てない物を判断する前に行うべきことは、仕分けです。

「いるもの」「いらないもの」「いるかもしれないもの」の3種類に分け、収納スペース分に収まりきるまで、まずは整理整頓をしていきます。

その際「いらないもの」と判断されたものは、問答無用でぼんぼん捨てていってください。
「いるかもしれないもの」には期限を設定し、その期間を過ぎても使わなかったら
「いらないもの」に降格。思い切って捨てるようにしましょう。

これはここ、あれはここ。物にも住所を。

ひとつ、ルールを作ります。床に物を置かないこと。
最近では、テレビなどで汚部屋をクリーニングするという番組がありますよね。
思い出してください。どんな部屋でしたか?

物が部屋中に置かれていて足の踏み場がない。
つまり、床が見えなくなっている状態です。

そうならないためにも、物に住所をつけましょう。

物を使ったら、元にあった場所に戻す。この繰り返し。
これが習慣づけば「あれってどこにあったっけ?」なんていうこともなくなるはずですし、見える床の面積が広ければ広いほど、部屋が広く見えるので尚良しです。

一度にすべてを掃除しようとするから、挫折する。

それでなくても掃除に苦手意識があるのに、
家全体を1日で掃除するのはなかなか骨の折れる作業です。
何時間掛かるのか…と、想像しただけでもモチベーションが下がります。

そこで曜日ごとに掃除する場所を分担する方法をオススメ。

たとえば1Rで1人暮らしの女性の場合、月曜日はトイレとお風呂場、火曜日はリビングの半分、水曜日はもう半分、木曜日は玄関……日曜日はキッチン周りといったイメージ。

そうすれば短時間で終わりますし、短時間で集中してやるので作業効率もグッと上がります。
慣れてきて掃除が苦じゃなくなってきたら、水回りとコンロといった頑固汚れがつきにくい場所は、2日に1回のペースで掃除できるとベストです。

余計な物を買わないことが、物を増やさない一番の方法。

掃除とは関係ないと思いきや、
じつはこれが部屋が汚くなる出発点といってもいいかもしれません。

物が増えなければ、散らかることもない。
「いらないもの」が増えない訳です。

「ついつい衝動買いしちゃう」という人は、買う前に一度想像してみてください。
数ヵ月後、これから買おうとしている商品が「いらないもの」に入っている様子を。

衝動買いが減れば減るほど、あなたは片付けられる女に近づいています。

まだまだ方法はありますが、今回はここまで。
紹介した方法を実践するだけでも、じゅうぶん片付けられる女になれるはずです。

慣れるまでは大変かもしれませんが、大好きな彼と一緒に部屋でくつろぐ自分を想像しながら、ぜひ頑張ってもらえたらと思います。