女性の嬉しいがいっぱい詰まったモニターサイト!
気になっていたあのコスメやサプリメント、雑貨が当選! ポイントも貯められるサービスです。
ブログやInstagram、TwitterなどSNSのアカウントがあれば誰でも参加できます!
さぁ、今すぐ無料会員登録!

PROMO STAFF

PROMO STAFF

熱中症対策だけじゃない、肌に水分補給で美肌に

気温が上がり、何もしなくても汗をかく季節になると熱中症が心配です。熱中症対策には水分補給がとても重要ですが、肌も体の一部で半分以上が水でできていて、適切に水分補給しないと乾燥してしまいます。 夏こそ健康と美容のために、正しい水分補給の仕方をマスターしましょう。

1.体重の6割が水でできている

体に含まれる水の量は、成人の場合は体重の6割を占めるといいます。 水は体に必要な物質を溶かし、栄養を運び、排泄物を出すなど重要な働きがあります。 体内の水は常に出入りしており、一日に排出される水は約2.5Lと言われています。呼吸をしているだけでも一日に400ml、 汗をかいていないときでも皮膚から600mlの水分が排出されています。体内の水が不足すると、脱水症状に陥ります。熱が原因による脱水を熱中症と呼びます。

2.水は排出される分だけ補給が必要

体を維持するためには、失われた水分量を食事や飲みものから補給しなくてはなりません。 運動時や夏の暑い日にたくさん汗をかいた場合には、通常よりも多くの水が排出されているので、その分いつもよりも多く水分を摂らなくてはなりません。

3.何から水を補給する?

特に汗をかくことがなければ、水・お茶・コーヒーなど普段の飲みもので水分を補給すれば足りるのですが、たくさん汗をかいたときの水分補給は少し注意が必要です。

汗の味は、少ししょっぱいことはご存知ですか?それは汗とともに塩分その他の物質も排出されるからです。 塩分は細胞の内と外のバランスを一定に保つために必要なのですが、大量に汗をかいて塩分が体外に排出されてしまうと、 水を飲んだだけでは体内に水分は補給されても塩分の濃度が元に戻りません。塩分濃度が下がったら、体は元の塩分濃度に戻そうとして、せっかく飲んだ水を尿として排出します。 その結果、いくら水だけを飲んでも脱水の状態が改善されないことになるのです。

この状態を改善するには、水だけではなく塩分も同時に補給する必要があります。具体的には0.1~0.2%の食塩を含んだ水を飲めば良いと言われています。 0.1~0.2%の濃度の食塩水を作るには、100ml(または100g)の水に0.1~0.2gの食塩を加えて溶かします。

4.体内の水が足りなくなったら?

体を正常に機能させるために、水はなくてはならないものです。 そのため脱水状態の程度により、体に様々なサイン(症状)が現れるので、初期のうちに気づいて対処しなければ命に関わる事態になります。

初期は無症状~ふらつきやめまいなどの症状が現れ、脱水が進むと心臓や腎臓機能の低下がみられ、重度になると意識が低下し最終的には死に至る危険性があります。

5.水不足は乾燥肌の原因にもなる

ちょっと怖い話でしたが、脱水は私たちが意識することで回避することが可能です。 夏場や運動して汗をたくさんかくときには、少なくとも30分に1回はコップ一杯程度の水分補給を行うようにしましょう。

酷い脱水症状まで行かなくても、常に水分が不足しているような生活を続けていると、肌の水分量も低下して乾燥肌を招く可能性もあります。赤ちゃんや幼児の肌はとてもうるおっていますが、体内の水分量は成人よりも多いのです。 年齢を重ねていくごとに体内の水分量は減っていき、年代が上がるにつれて体内の水分量が減少します。

体内の水分量は自分の意思で飲み水から摂取するなど、ある程度コントロールできるので乾燥肌に悩んでいる人は、水分摂取量にも目を向けてみてはいかがでしょう。

6.いつでもどこでも水分補給で美肌も守る

水分摂取の重要性はわかっていただけたでしょうか。健康はもとより、美容にも欠かせない水分補給をいつでもどこでもできるように、マイボトルをいつも持ち歩く習慣があると良いですね。