女性の嬉しいがいっぱい詰まったモニターサイト!
気になっていたあのコスメやサプリメント、雑貨が当選! ポイントも貯められるサービスです。
ブログやInstagram、TwitterなどSNSのアカウントがあれば誰でも参加できます!
さぁ、今すぐ無料会員登録!

ちくまる

ちくまる

コロナにも負けない。マスクのメイク崩れにも、負けない。

今や外出時に欠かすことのできないマスクですが、
多くの女性を悩ませているのがマスクによるメイク崩れじゃないでしょうか。

ファンデーションや口紅がマスクの内側に色移りしてしまったり、顔にマスクの跡が残ってしまったりして、げんなりした経験がある方も少なくないと思います。

「これはもうしょうがないこと」と諦めている人もいるのではないでしょうか。

でもご安心ください。
今回は、マスクの日でも安心の『メイク崩れ予防法』をご紹介。

すぐに取り入れられるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

メイク崩れの原因は3つ!

① マスクと肌との摩擦
細菌やウイルスなどからガードするためのマスク。
当然、肌と密着しています。
そのような状態で話をしたり、顔を動かしたり、ドリンクを飲むためにマスクをズラしたりすることで摩擦が生じ、そのときの擦れによってメイクが崩れてしまいます。

② マスクの中の湿気やムレ
マスクをしながらメガネをすると、すぐ曇ってしまいますよね。
あれは口や鼻などが覆われることによって汗や呼気が水蒸気になり、マスク内がムレやすい環境になるからです。
ムレによる湿気はメイクを浮き上がらせてしまい、メイク崩れの原因になります。

③ マスクを外した際の乾燥・脂浮き
マスクを外すと、マスク内にこもっていた湿気が一気に蒸発。
同時に肌の潤いも奪ってしまうため、乾燥によってメイクが崩れてしまいます。
また、乾燥から肌を守ろうと皮脂の分泌量が増えるため、メイクの脂浮きが目立ってしまいます。

マスクによるメイク崩れと“サヨナラ”するための簡単メイク術。

■すべては朝のスキンケアから
まずは朝のスキンケアでしっかり肌に潤いを与えることが大切。
まずはしっかり洗顔して肌を清潔にしたあと、
乾燥を防ぐために化粧水でたっぷりと保湿を行います。


その後、美容液や乳液などをしっかりつけて、
ひと通りのスキンケアが終わったら、しっかりティッシュオフ。

乳液や肌表面に余分な油分が残っていると、メイク崩れの原因にもなります。
しっかり拭き取ることでメイク崩れを抑えることができます。 ■密着度の高いファンデーションを選ぶ
ファンデーションを使う場合は、できるだけ肌に密着しやすいリキッドタイプを選ぶようにしましょう。

厚塗りするとヨレてしまう可能性があるため、できるだけ薄めに。
マスクが触れやすい鼻と頬の部分はとくに薄めにしておくといいと思います。

また、皮脂防止タイプの下地とフェイスパウダーでベースメイクを済ませるという方法もアリだと思います。 ■チークはクリームタイプのものを
チークもファンデーションと同様、ヨレやすいパウダータイプのものは避けるようにしましょう。
クリームタイプであれば肌に密着するので崩れにくくなります。

チークはいつもより少し高い位置に広めに入れることで、マスクをしても隠れることがなく、ほんのり血色感を出すことができます。 ■リップは崩れにくいマットタイプのものを
口紅、グロスタイプといった潤いやツヤが出やすいものはマスクにつきやすいので、今の期間は避けた方がいいと思います。

マットタイプかティントがおすすめ。
塗り終えたらしっかりティッシュオフをすることで、よりキレイな仕上がりになります。 ■仕上げにフィニッシングミストを吹きかけてメイクキープ
最後にメイクキープ用のミストやスプレーをシュシュッと吹きかければOK。

乾燥が気になるという人はより水分量の多いミストタイプを、皮脂が多く出てしまう人はスプレータイプをおすすめします。

マスクによるメイク崩れだけでなく、夏場の汗や皮脂によるメイク崩れにも効果的です。 しばらくはマスク必須の日々が続きそうですが、対処法さえ知っておけば怖いものなし。
ぜひこれらの対処法を参考にしていただき、マスクメイクを極めていただけたら嬉しいです。

メイク崩れゼロの、パーフェクトスキンを目指して、この状況を乗り切りましょう♪