女性の嬉しいがいっぱい詰まったモニターサイト!
気になっていたあのコスメやサプリメント、雑貨が当選! ポイントも貯められるサービスです。
ブログやInstagram、TwitterなどSNSのアカウントがあれば誰でも参加できます!
さぁ、今すぐ無料会員登録!

PROMO STAFF

PROMO STAFF

部屋が寒いのは嫌!寒い季節に部屋で暖かく快適に過ごす方法

気温が下がり寒くなってました。外気温が低くなると、暖房を入れても思うように部屋が暖まらないという経験はありませんか? 実はちょっと一手間をかけることで、部屋の中を暖かく快適に保つことができるのです。 同じ暖房量でも感じ方が変わる工夫や部屋の温度を逃さない方法など、「ちょっとした一手間」で変化を実感できる方法を中心に紹介します。

1.部屋が寒い原因と対策を考える

暖房を入れても思うように部屋の温度が上がらない原因として、まず考えられることは次の2つです。
● 外から冷気が入ってくる
● 必要な場所に暖かい空気が行き渡っていない。

この2つについて、それぞれ対策をすると次のようになります。
● 外からの冷気を遮断する
● 暖かい空気を循環させる

考えるのは簡単ですが、実際どのようにすればよいのかが問題ですね。原因を踏まえつつ、対策について解説します。

(1)外からの冷気を遮断する

外の冷気は主に窓から伝わって入ってきます。窓際が寒く感じるのは、窓を介して部屋の空気が冷やされるからです。 対策法は大掛かりでコストがかかるものがありますが、今回は自分で簡単にできる方法を紹介します。

● 断熱性のあるカーテンに変える
断熱性の高いカーテンに変えると、窓から伝わる冷気がかなり抑えられます。 カーテンは外気温が下がる少し前から閉めておくとより効果的です。断熱性のある素材を直接窓に貼ってもよいでしょう。

● シャッターや雨戸があれば閉める
シャッターや雨戸があれば、必ず使いましょう。日が暮れる前に閉めるようにすると断熱効果がさらに高まります。

カーテンとシャッター・雨戸で二重の層ができるので、二つとも実践することをおすすめします。

(2)暖かい空気を循環させる

暖かい空気は上に、冷たい空気は下に溜まります。そのためエアコンをつけても、足元の空気は冷たいまま。エアコンの吹き出し口から出た暖かい空気は、天井あたりに溜まっているからです。部屋全体を暖めるためには、暖かい空気が部屋を循環するような風の流れを作る必要があります。

サーキュレーターを上に向け、天井あたりに溜まっている暖かい空気を循環させるとうまくいきます。足元にも暖かい空気が来るようになるので、かなり暖かく感じます。

2.室温を上げること以外で寒さを緩和する方法

部屋を暖かくするには室温を上げるだけではなく、湿度を上げることで体感温度を上げることができます。 ちょうど夏場の蒸し暑い時に、除湿をすることで涼しく感じますが、それと逆のことです。 加湿器を設置するとよいですが、洗濯物を部屋干しするのも部屋の湿度を上げる一つの方法です。 寒い季節は空気が乾燥しがちになり、喉が乾燥して風邪をひきやすくなったり肌が乾燥したりするので、加湿することは寒さと風邪・乾燥対策にも効果があります。
一点だけ注意すべきことは、加湿しすぎるとカビが発生しやすくなるので、湿度計で相対湿度40〜60%になるよう調整しましょう。

3.冷えやすい身体の部分を防寒対策

これらの対策を行ってもなお寒く感じる場合には、冷えを感じる身体の部分に対して防寒対策をすることです。身体を部分的に温めると寒さが緩和するのはお腹、足首、首、腰です。 腹巻・足首ウォーマー・ネックウォーマーなどがあると便利です。手や足先などは使い捨てカイロで適宜温めてもよいですね。
床が冷たい時にはスリッパを履いたり、絨毯やコルクマットを敷くのもおすすめです。レンジでチンするタイプの湯たんぽも、家にいる時や寝る時に重宝します。

4.一日一回は全身を温めよう

特に寒い日は、身体が芯まで冷えてしまうこともあります。1日1回は全身を温めて、血液の巡りを良くしましょう。 お風呂では湯船に浸かり、温かい飲み物を飲むものよいですね。生姜を温かい飲み物に入れると身体がポカポカします。
運動を日課にするのも、とてもよいと思います。身体の末端部分がいつも冷たい人は特に、1日1回は身体の末端部分まで温める機会を持つようにしましょう。
そうすることで身体の冷えが改善し、快適に過ごせる時間が増えるでしょう。