女性の嬉しいがいっぱい詰まったモニターサイト!
気になっていたあのコスメやサプリメント、雑貨が当選! ポイントも貯められるサービスです。
ブログやInstagram、TwitterなどSNSのアカウントがあれば誰でも参加できます!
さぁ、今すぐ無料会員登録!

mugicha

mugicha

その「ニキビ」牛乳のせい??上手に乳製品と付き合って美肌を目指そう

乳製品が大好きな私。
ヨーグルトはもちろん、牛乳をそのままゴクゴク飲むのが大好き!

毎朝コップ一杯の成分無調整牛乳!
会社で一息、牛乳たっぷりカフェオレ!
食事には無糖ヨーグルトをシリアルにのせて、牛乳をかける!
パンと牛乳も大好きな組み合わせ。
運動のお供のプロテインにも無脂肪乳。
最近までは果実ビネガーを牛乳で割って飲むことにもハマっていたので
1日に牛乳パック1本(1リットル)は消費していたと思います。

そう、明らかに「取りすぎ」です。笑

肌は常にニキビが絶えず皮膚科に行っても治らず、
ノンスイートカフェオレを片手に悶々と悩む日々。。

しかし、ある日こんな記事を見つけたのです。

「そのニキビ、牛乳の取りすぎかも??」

え!!!!!!!
まさか、この長年悩む肌荒れ…牛乳が原因???!
(いや、私が飲み過ぎてるのが問題で牛乳に罪はないのですが…!)

本当は正しく摂ることで、
健康&美肌パワーの恩恵をうけることができるパワーフード「牛乳」。

今回は、残念な私を例に上手な乳製品の摂り方を調べてみました。

前提

そもそもですが、あまりにも肌荒れが酷い場合は、
自己診断せずまずは病院を受診しましょう!
ニキビも病気の一つ。「これのせい!」とあまり決めつけず
食生活や生活習慣を見直すキッカケ程度とお考えください。

牛乳の1日の摂取目安

牛乳の1日の摂取目安は「180〜200ml」。
大体コップ一杯分です。

そう聞くと「なんか聞いたことあるわ〜」と思うのですが
よくよく考えると毎日余裕で摂取量を超えていました。

カフェオレやヨーグルト、チーズなど
私の場合「牛乳」と意識せず、乳製品を総合的に
毎日たっぷり食べて飲んでいたのです。

見えない「脂質」に注目

牛乳には良質な栄養がたっぷり含まれていますが
その反面で脂質もたっぷり。

普段の食事で摂っている脂質を考えると、
知らず知らず自分が1日に必要とする脂質の量を
毎日超えていた計算になりました!

女性の1日の「脂質」の摂取目標は
20〜29才で「55g」、
30〜69才で「50g」だそう。

私の場合ざっくり計算で、牛乳や乳製品だけで
「40g」ほど摂っていた計算です。

これに、その他の食べ物に含まれる脂質を考えると…

そりゃ白ニキビが絶えませんわーーー!!って感じです笑

「脂質」という栄養素と、
牛乳という「飲料」、
そして他乳製品を関連付けて意識していなかったので
私にとっては完全に盲点でした…勉強不足です…反省…

美肌のために牛乳を飲む!

明らかに摂りすぎだった私。
しかし、「牛乳」は美容効果抜群なのも事実です。
タンパク質、ビタミンA、ビタミンB2、カルシウム、乳糖…
とてもバランスの良い美容飲料なのです!

乳製品(牛乳、チーズ、無糖ヨーグルト)を摂っている女性と、
摂っていない女性を比べた調査では、
肌の潤いなど美肌効果の実感に差があるという声も多数あったそう。

1日の摂取量の目標はそのままに、大好きな乳製品を楽しむ。
私なりの工夫を紹介します!

牛乳→豆乳に置き換え

カフェオレはソイラテへ。
運動に欠かせないプロテインも、豆乳由来の成分が含まれているものへシフト!
ハマっている果実ビネガーも豆乳で割って見ると…
お!牛乳よりも濃厚で美味しい!

脂質を意識して、大好きな牛乳は
朝の食事や、ランチに摂取量を守って飲むことにしてみました。

すると…

心なしか、白ニキビの状態が徐々に良好に!
脂ぎっていたおでこや小鼻も、なんか調子が良い…

体って正直ですね。笑

アイスクリームや生クリームは?

牛乳がたっぷり使われているアイスクリームは「菓子類」
バター、生クリームも乳製品ですが
「油脂、多脂性食品」と考えて良いみたいです。

飲むヨーグルトも、加糖の商品は
スティックシュガー13〜14本分相当の砂糖が含まれていたりするので要注意です。

私はかなり極端な例ですが、
何か一つの食品を毎日大量に摂っている!
そんな方は、もしかしたら不調の原因がその食品かもしれません。

何ごともバランスよく摂って、美肌を目指しましょう!