女性の嬉しいがいっぱい詰まったモニターサイト!
気になっていたあのコスメやサプリメント、雑貨が当選! ポイントも貯められるサービスです。
ブログやInstagram、TwitterなどSNSのアカウントがあれば誰でも参加できます!
さぁ、今すぐ無料会員登録!

まっつん

まっつん

【前編】ヨーグルトとの相性があるって知ってた?目的に合わせて菌を選ぼう

毎日朝食にはヨーグルトを食べている、という方は多いでしょうか。

ダイエットや便秘改善、免疫力アップなど、様々な健康効果を期待して毎日食べているのに「便秘が改善しない」という方や、「どれも同じだろうから安ければいい」という方はいませんか?

好みの味や食感であることも大事ですが、ヨーグルトに自分の胃腸に合う菌が入っているかどうかも重要です。

今回は2回に分けて、目的別ヨーグルトの選び方と菌の種類についてお話します。

ビフィズス菌と乳酸菌の違いって?

ヨーグルトは乳を乳酸菌で発酵させて作られます。
そして、全てのヨーグルトにビフィズス菌が入っていると思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。

乳酸菌とビフィズス菌は似たもののようで、実は全く別もの。

乳酸菌だけでも種類はたくさんあり、腸内の善玉菌を増やし便秘の解消・予防のほか、免疫力を高めたりストレスを緩和させたりする効果が期待できます。

ビフィズス菌は、乳酸のほかに酢酸・ビタミンB群・葉酸も含まれ、より強い殺菌作用で悪玉菌を退治してくれるため、乳酸菌よりも整腸作用の効果は高め。

大腸の善玉菌のうち99.9%はビフィズス菌、0.1%が乳酸菌で構成されているんですよ。そのため、ビフィズス菌は腸を健康に保つために、定期的に外から補う必要があります。

ただ、ビフィズス菌は酸や酸素に弱くヨーグルトに入れても人の腸内に入るまでに死滅しやすいため、ビフィズス菌を入れていないヨーグルトも多数売られています。

便秘の解消・胃腸の調子を整えたい人にはビフィズス菌入りヨーグルトを

ビフィズス菌はもともと人の腸内に多く含まれますが、加齢や乱れた食生活によって減少しがち。
体調を崩しやすい・胃腸の調子がイマイチ・便秘が慢性化している…という方は腸内のビフィズス菌が不足しているのかもしれません。

ここで、ビフィズス菌が豊富に含まれている市販のヨーグルトをいくつか紹介します。

【森永乳業】ビヒダス プレーンヨーグルト

こちらに含まれているビフィズス菌BB536は、健康な乳児のお腹から発見されたビフィズス菌。酸や酸素に強く生きたまま大腸まで到達するので、少量でも継続して摂取することで、 便秘や下痢といった症状にアプローチできます。

この菌は世界30か国以上でヨーグルトや乳児用粉ミルクにも使用されていて、米国でGRAS認定(安全基準合格証)を受けるほど世界的に評価されています。
頑固な便秘や胃の不調に悩まされている人はぜひ2週間続けて食べてみてください。

【ダノン】ビオヨーグルト

食べたものが腸内で溜まり、スムーズに排出されずにいるとガスが発生します。
高たんぱく・高脂肪の食事に偏っていると腸内の悪玉菌が増えてガスが溜まりやすくなることも。

ダノンビオヨーグルトに入るビフィズス菌BE80は、胃酸や腸液に強く、大腸までしっかり届きます。腸の流れをスムーズにするので、食後にお腹が張って苦しく感じたりお腹がゴロゴロなったりする方におすすめ。

他にもたくさんありますが、今日はここまで。
次回は乳酸菌の種類や働きについてお話します。